ケアレスミスに気をつけて【横浜国際高校H30年度】

神奈川県内の中学校では、高校入試に必要な内申点も出揃い、あとは試験本番にむけて2か月、悔いのないように今年の冬休みはクリスマスやお正月返上ですね。

 

 

後期中間テストの結果を受けて中には、志望校を変更することになった生徒さんもいることと思います。この教室でも英語力はもちろんのこと、考える力もあり、英語面接は良い点が取れる感触の生徒さんが、受験校変更することになりました。

 

15才、自分でいろいろ考えた結果とのことです。ただこのように地頭や実力のある生徒さんはどこの学校に行ったとしても、この先も力を伸ばしていけるはずですので、どうか頑張ってくださいね!

 

横浜国際高校は、今年は募集定員が138名と前年度より40名も減り、かつ調査では募集定員の2倍以上の人数が受験希望しているとのことです。

 

今、担当している皆さんは、学校での点数も良く、かつ実力もあり、英検はだいたい準2級レベルでとても優秀です。ただ、そのような英語が得意な生徒さん達が神奈川県内から集まってくるわけで

 

入学試験では、1点2点がとても大事になってきます。合格ラインにいた場合は1点の違いで合格、不合格と分かれてしまいます。

 

ケアレスミスは「わかっているのに注意不足で間違えた」というとても悔しいミスです。くれぐれもこのようなミスを減らすことに注意を払うよう気をつけてくださいね。

 

今年度も、とても希望に満ちて将来楽しみな生徒さん達が、前向きに頑張っています。

 

合格めざして、あと2ヶ月頑張りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加