横浜国際高校、本番に向けてこれからが勝負!

現在、横浜国際高校の特色検査(英語面接) 対策をお受けしております。

 

アメブロにこの記事を書きました。

【横浜国際高校、本番に向けてこれからが勝負】

 

また、先日平成30年度の募集定員が前年度より40名もっ減った話を書きました。

【横浜国際高校 H30年度】募集定員が前年度より減る 】

 

受験生の方はすでにご存知のことですが、

一般募集が前年度の178名より138名と40名も減り、今年度の受験生には厳しい変更です。

 

 

現在、後期中間試験が終わり、点数待ちという状態だと思います。

これから本番に向けて、最終の追い込みですね。

 

2年、3年の学校の成績も考慮の場合は、第1次選考(募集定員の90%)

 

当日の学力検査のみを考慮の場合は、第2次選考 (募集定員の10%)

で受けることなります。

 

今年、一般募集人数が138名ということは、第2次選考はその10%、13~14名ということでしょうか、非常に狭き門ですね。

第2次選考の場合特色検査比率が全体の1/3と、とても大きくなります。

 

学校の成績が思うように行かなかった場合、英語の実力があれば、第2次選考という方法もありますね。

 

学校の成績により志望校を変えるか、または第2次選考に挑戦するか、決断の時だと思います。

 

いずれで受けるにしても、この先入試までの3ヶ月間、クリスマスもお正月も返上して

 

しっかり頑張ってくださいね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加