英語圏の重さの単位 – pound, ounce See’s のチョコレート

english-eigo-see'schocolate

家族がアメリカ西海岸に行ったのでSee’s のチョコレートを頼みました。アメリカ的でごつくて1つ1つが大きく繊細さはないものの、中にキャラメル、マジパン、ナッツがたっぷり入っていてくせになる、久しぶりでとても懐かしい味でした。

この写真は1pound (454g) 入り、これがSee’s でのレギュラーサイズです。アメリカでもイギリスでも重量は普通pound を使い、1pound  = 16 ounces (oz.) =454g   とちょっとややこしいです。1ounces は約28.35 g 。 1/4 pound (quarter pound ) で100gを少し出るといった感覚で日常の買物をしていたものです。

ロスアンゼルスでは、大きなモールにはたいていSee’s Candiesのお店が入っていて、通りがかりに「好きなチョコ3個」のような買い方が出来たり、お店の中に入ると”Would you like to try some ?” と言って試食のチョコをくれるうれしいサービスをしてくれるお店です。

パッケージでトレードマークになっているMary Seeというおばあちゃん がカリフォルニアで1921年に興したアメリカン・ホームメイドスタイルのチョコレート・キャンディーショップとのことで、日本では確か表参道あたりに出店したというニュースを大分前に聞いたのですが。