Sit down, please. は丁寧でない〈マンツーマン英会話で〉

日本人が間違えて使っている英語をネイティブが指摘している本がよく売られています。

そういう本の中に良く出てくる例、

Sit down は、「座れ!」というような命令調、please をつけてたとしても良くない

と解説があります。

 

今度、海外のお客様を家に呼ぶという生徒さん、

家でのもてなしの文例のレッスンをしている時に、

「初めて知りました。聞いておいて良かったです。」とのこと。

 

ミドル、シニアの方達が学校で何十年も前に習った英語で、今は使われない、

おかしいというものがそこそこありますね。

微笑む・笑う・大爆笑する〈マンツーマン英会話で〉

今日は、笑いについての話になりました。
まず、
smile と lagh  の違い
微笑む・笑みをうかべる   と (面白くて)笑う
今、お受けしている面接対策
Smile on your face.
 
英語面接 (interview) ではこれがとても大事と
ネイティブ講師が言っています。
話戻って、爆笑したはWeblioによると

私たちは爆笑した

We burst out laughing.

聴衆は爆笑した

The audience exploded with laughter.

彼はいきなり爆笑した

He bursted into laughter.

でも burst とか explode とか(爆発の意味ですが)など使わずにもっと
シンプルに言いたい、
では、We laughed a lot to see the stage.

にしましょうとの結論になりました。

 

会話をする時には、「ちょっと待って!今辞書で調べるから。」

なんてことは出来ません。

なるべく自分の持っているvocabruary (語彙) でどうにか

切り抜ける練習が必要ですね!

英語でお嫁さん、義理の息子は?〈マンツーマン英会話で〉

 

お正月明け、業務委託のマンツーマンレッスンも始まっています。

お正月に家族が集まった話で、姻戚関係の単語が必要になってきました。

マンツーマン英会話での質問です。

 

お嫁さん、お嫁さんの両親はなんというのでしょうか?

daughter-in-law – your son’s wife

daughter-in-law’s parents

親戚関係も、遠くなってくるとむずかしいですね。

 

 

他に以下、ご参考まで

 

son-in-law – your daughter’s husband

father-in-law – your spouse’s father

mother-in-law – your spouse’s mother

brother-in-law – your spouse’s brother

sister-in-law – your spouse’s sister