Sit down, please. は丁寧でない〈マンツーマン英会話で〉

日本人が間違えて使っている英語をネイティブが指摘している本がよく売られています。

そういう本の中に良く出てくる例、

Sit down は、「座れ!」というような命令調、please をつけてたとしても良くない

と解説があります。

 

今度、海外のお客様を家に呼ぶという生徒さん、

家でのもてなしの文例のレッスンをしている時に、

「初めて知りました。聞いておいて良かったです。」とのこと。

 

ミドル、シニアの方達が学校で何十年も前に習った英語で、今は使われない、

おかしいというものがそこそこありますね。

『airbnb』 はイギリスのBed and Breakfastの進化系?

english-eigo-airbnb

『airbnb』とはair b and b と読み、ネットで簡単に宿泊受け入れの登録、宿泊客が予約が出来るというシステムです。アカウントを作って、貸せる部屋をサイトに掲載し、全世界に公開し、宿泊客はネットから予約を入れてくるそうです。

イギリスにはB&B (Bed & Breakfast )といった一般の家が部屋を提供して民宿を経営するシステムがありますが、この『airbnb』は宿泊客を受け入れられる部屋やスペースがあればその基準に整備して、ネットで登録、あとはお客さんを待つのみといった簡単なシステムのようです。

試しに近所、町田市や横浜市青葉区で検索してみたところ、すでに登録し、海外からの宿泊客も受け入れている住民の方々がいました。日本の場合、旅館やホテル業をするのには認可が必要でしょうし、その意味でもまた、セキュリティーの観点からも大丈夫なのかとちょっと気になりますが。。

これと同類で日本で言えばいわば「白タク」になってしまうのではと思われるシステム『 Uber 』というのがアメリカでは特に若い人達の間では流行っているとのことです。これはまた次回に。。。

 

2020年東京オリンピックは大丈夫? 「ホテルが取れない」-日経新聞

english-eigo-tokyo-olympic

2020年東京オリンピックへ向けて外国人観光客の受け入れの整備がされているとは思いますが、以下のような記事がありました。

外国人観光客が増えているので、国内出張の多いサラリーマンの間で「ホテルが取れない」と悲鳴があがっている。- 8月10日付日本経済新聞

日本政府観光局によると、訪日客は今年1月~6月は913万人で前年比6%の伸び、背景には円安基調もあり、宿泊料も上昇を続けているとのこと。宿泊料は3~4割上昇しているそうです。一時、外資系ホテルの建設ッュがあり東京のホテルは増えたはずですが、最近はビジネスホテルにも観光客が押し寄せているとのこと。

「個人宅に有料で民泊拡大、政府、実態把握と規制見直しへ」ということでアメリカに本社を置く、Airbnb (エアービーアンドビー)のことが言及されていました。-  次のブログに続く