外国人観光案内ボランティア- 体験学 日経新聞

 

english-eigo-volunteer7月の最終週の日経新聞夕刊の体験学というコラムに、外国人案内のボランティア組織の中でも長い歴史を持つという浅草の「東京SGGクラブ」のガイドツアーの話が連載されていました。入会希望者が多く全員がグループに入ることが出来るという訳ではないそうです。選考はただ英語が出来るだけではだめで、あくまで善意に基づく奉仕なので外国人観光客と々目線で案内できる人柄が求められるそうです。

記事に以下のようなとても為になるアドバイスも載っていました。

外国人と話すときの心得 (東京SGGクラブの資料等を元に作成)

1.上手に話そうと思わない

2.相手の話をよく聞き、目を見て話す

3.必要のない限り、相手の体に触らない

4.照れ笑い、にやにや笑いをしない

5.英語で話しかけてきたと早合点しない

6.国籍によって態度を変えない

7.困ったら筆談という手がある