帰国してすぐ帰国子女受験する場合に気をつけたいこと (1)

現在は帰国子女受験の生徒さんは受けていませんが、帰国ママとしての経験から

気をつけたいことを書いてみました。

 

受験校へのルートや、電車の時刻表はしっかりチェック

ネット検索するのはもちろん、事前に「実際に予定出発時刻に宿泊先を出て受験校に

行ってみる。」ということが出来ればいいですね。

 

ただでさえ乗りなれない日本の電車、特に朝のラッシュ時、は不測のことが起きています。

たとえばこのエリアですと

 

混み過ぎで予定の電車に乗れない (田園都市線 三軒茶屋)

電車が遅延、運転見合わせ (田園都市線、京浜東北線他)

 

また、京急、「快特」「特急」「急行」どういう違いか全然わからない

 

小田急線は種類が各駅、準急、区間準急、多摩急行、急行、快速急行、

方面別では小田原線、多摩線、江ノ島線。。。

 

はぁ~ってかんじです。

 

これは、東京・神奈川に住んでいる人達でわからない、まして海外に住んでいて朝の

ラッシュなんて全然知らない、帰国したばっかりの中学生にはとてもびっくりだと思います。

 

間違って乗ってしまうとそれで、あせって気持ちが落ち着かくなることもあるので

時間の余裕をもって早めに出掛けること、お薦めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加