他民族国家のマレーシア- 親子留学・MM2H視察②

マレーシアの民族比率はマレー系が一番多く、中華系、インド系、多数の部族という構成です。

そしてそれぞれの民族が共存した他民族国家です。

お隣のシンガポールは、中華系が一番多いのでちょうど逆の構成となります。

やはり中華系はパワーがあるのか、行ってみると賃金の低い労働はマレー系の人達が担っている印象で

そのために保護政策もとられているとのことでした。

お時間がありましたら続きは

ここをクリック!アメブロでご覧ください

お嬢さんが国際結婚、お子様がホームスティ、短期留学

【今年お受けしたレッスン内容 – その3-】世相やニュースを反映する様々なご要望をいただきました。

国際結婚されるお嬢様に英会話を勧められた、相手方ご家族と交流するため英語を習いたい、お子様がホームステイ、短期留学でステイ先のご家族との簡単なやりとりなどのレッスンをしました。女子のほうが、元気?なのか一様に皆さんお嬢様のお話でした。

pic_g267 最近はスカイプを使うのでホストファミリーのお母さんが、画面に”Hi !” 突然出てくるので何と対応すればいいか?とのお話でした。日本的には「いつもお世話になっております。」と言いたいところですが、英語ではこのような曖昧な表現はなく、便利な日本語「お世話になってます。」の英訳は時と場合によって英訳が変わります。この話はまた別の機会に。

イギリスでのボランティア留学

ボランティア留学というものがあることを、知りました。グループレッスンに最近参加された方が現在、来年の出発に向けて意欲的に英語学習に取り組んでいらっしゃいます。

salisbury-534896_640

今までシニア留学、親子留学、ワーキングホリディなどの渡航者のレッスンを担当しましたが、また新しい留学の形です。

まずロンドンで暫く滞在してから、各地にあるnursing home (老人ホーム)をはじめとする施設に移動し、ボランティアとして働くことになりますが、個室も与えられ、お小遣いが支給されるとのことです。

意欲や目的がはっきりしていれば、経験がなくても受け入れてもらえるそうですが、彼女はすでにその道のプロですのでコミュニケーションの英語をちょっと学習すればこわいものなしだと思います。

目的を持った若い方が海外へ出掛けて行くというのは、すばらしいことですし、いろいろな経験を通してたくさんうるものもあることでしょう。目をきらきらさせて語る彼女、是非応援したいものです。